メニュー

いまざとライナー試乗記

[2019.05.31]

 4月1日から生野のまちをオレンジ色のバスが走っています。これが「いまざとライナー(BRT)」、どんな感じかボランティア・あすなろのメンバーでで組合員さんの青木利恵さんにリポートしてもらいました。

DSC_2525

 バス停は新しくオレンジで時刻表も見やすくなっています。まずは今里ルート、今里から杭全間は10分間隔です。
 

 

DSC_2500

  乗車してびっくり、社内デザインがピンク、ブルー、イェロー、苺ケーキ、クッキーとてもポップでした。

 

 

 

 

 

DSC_2505

 

車内には乗り継ぎの交通機関の時刻表が表示されてとても便利。

 

 

 

 

 

 車両も14台がそれぞれ違うテーマ性をもったデザインになってます。この日は3パターンのバスに乗り込みました。このデザインの影響かどうか、土曜日、日曜日は満席だったと運転手さんからの情報を頂きました。

 終点、神路公園を回って今里で下車、ここで写真撮影で10分待って次のBRTで長居へ。30分位で到着。こんなに便利に早く長居に着いたことに大感激。

DSC_2536

リポーターの青木利恵さん

 今までは天王寺からJRか、地下鉄に乗り換えていたので長居公園がぐっと近くになりました。

 長居のバス停にいた女性に感想を聞くと「今里に娘さんがいるので本当に有難い路線」だと言っていました。
 途中学校があるバス停では乗り切れなかった人もいたと言うことです。 田島五丁目に戻って次はあべの橋ルートに乗り込みました。途中バス停は杭全(東部市場前駅)だけであっと言う間に阿部野橋でした。
 ただ、バス停で高齢者の方が自分の生きたいバス停がなくて戸惑っていました。BRTを使うと歩かないといけないので今まで通りの市営バスを使うしかないと言うことでした。
 バスですので交通渋滞も考えられるし、時間通りに運航されない場合があります。ここが地下鉄とは異なる点です。

 まだまだPR不足で知らない方(乗り方、運賃、バス停、時間帯)が私の周りにかなりいます。私もその一人でした。
 いまざとライナーは当面5年間の社会実験としています。綺麗で便利ないまざとライナーを継続できるよう多くの方が利用される事、生野区民全体で広げていきましょう。

舎利寺 青木利恵

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME