メニュー

大腸ガン教室開催(2021.01.12更新)

 

大腸がん検診でみんなのいのち守ろう

 12月5日、コロナ感染赤信号で、三密・感染予防対策を充分取り、「大腸がん学習会」をひらき30名の参加がありました。1年ぶりの学習会です。

 講師は田島診療所・所長の三谷先生です。
1、大腸がんとはどんな病気か? 
2、日本人の死亡原因の第1位は「がん」
3、大腸がん発生の危険因子は高齢化? 
4、大腸がん検診(便潜血検査)の 
5、大阪市の大腸がん検診率は8.5%で(大阪府で下から2番目の低さ)
6、生野区の大腸ガン受診6632人中、田島診療所は2148人と奮闘
7、便潜血検査が陽性と出たらどうするの?
8、大腸の精密検査方法(注腸造影検査、大腸内視鏡検査、大腸CT検査)
9、田島診療所の検診で、陽性141人、内視鏡をうけた人49人、ガン発見3人、ポリープ発見27人
10、いろんながん検診の中で、自宅で簡単にできる大腸がん検診を受けて、自分のいのち、家族の健康まもりましょう、

とお話いただき、参加者一同、熱心に聞きました。

〈参加者からの質問・発言〉
*今年の検査で便潜血陽性と出て、夏に大腸内視鏡を受けました。ポリープが2個あり処理していただきました。受けてよかった。
*私も陽性と出て内視鏡を受け、異常なしと言われホットしています。便秘でその調整に奮闘中。
*この時期、バッグには大腸がんグッズを10個入れて、いつでもわたせるようにしています。
*同じ日の朝と晩の便ではダメでしょうか?
*終了後も 三谷先生に「陽性と出たのですが、どうしたらいいでしょうか」と不安げな女性の質問あるなど、大腸がん検診の関心の深さを知る学習会となりました。

健康づくり委員長 吉田一江

 

田島診療所70周年企画(2021.01.12更新)

菅生君子さん、インタビュー

創設時の看護師さんに聞く

 田島診療所には開設(1951年)の時からいました。
 戦後内職程度の仕事しかしていない我が家に税務署が来て、ぼろぼろのタンスまで差し押さえしたんです。そこで父が生活養護同盟の神崎さん(後の衆議院議員)を訪ねて相談をしました。そのことがきっかっけで神崎さんの紹介で田島診療所で働くことになりました。写真はその頃のものです。
 その後、医師会の看護婦要請所に行かせてもらい、資格を得、看護師として働きました。
 当時診療所には在日朝鮮人の患者さんがたくさん詰めかけ、大変盛況でした

[caption id="attachment_2922" align="alignright" width="280"] 創設時のメンバー、右から三人目が菅生さん[/caption]

。 近くの他の医院は在日朝鮮人のお医者さんに日本人の患者さんがたくさん詰めかけ、不思議だなあと感じていました。田島の先生が優しかったからでしょうねえ。

 中国から帰ってきた

[caption id="attachment_2914" align="alignleft" width="203"] 創設時の田島診療所 今の今里筋田島三丁目交差点あたり[/caption]

高森先生や阪大、市大をやめて来られていた吉田先生、木村先生が奮闘、のちに野路先生が所長をされるようになりました。
 当時は結核が国民病と言われており、毎日患者さんの家を二件ずつ訪問し射をしていました。大忙しの状況でしたが、みんなファイトがありましたね。
 その後、沓脱先生(内科医、後の参議院議員)を手伝うために西淀の姫島診療所に移籍しましたが、看護師人生の始まりとなった田島診療所は忘れられない思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME